パパ活を安全におこなうための最強の方法とは?

パパ活って「楽に稼げそう」「素敵な男性と出会えそう」、なんて、パパ活に夢を持つ【女性が増えています。しかし、一方でパパ活に関連する事件が相次いでいますので、安全面で不安を感じている人も多いでしょう。

パパ活を安全におこなう方法について見ていきましょう。

パパ活を安全に成功させるための基礎知識

パパ活をするために便利なツールのご紹介と、それぞれの利点と安全面のリスクについて解説します。

代表的なパパ活ツール

現在、パパ活ツールとして広く利用されているのはSNS(主にツイッター)、出会い系サイト、パパ活アプリ、そして交際クラブの4つです。パパ活アプリはその名の通りパパ活のために開発されたアプリで、交際クラブも男女の交際を支援するサービスなので、いずれもパパ活に使うことを前提にしたものです。

その一方、ツイッターはそもそも出会いツールではありませんが、「p活」などの隠語をハッシュタグにすることで「転用」しています。出会い系サイトについても、「即会い」といってエッチ目的で会うこと(援助交際も含まれる)を前提としたツールなので、パパ活とは本来の目的が違います。

パパ活ツールを安全度で比較

4つあるパパ活ツールにはそれぞれ特徴があります。それを安全度で比較してみましょう。安全という視点でそれぞれのツールを評価してみます。

①SNS(ツイッター)

そもそも出会いツールではないため、隠語まで使ってパパ活をするのは規約違反になる恐れがあります。またツイッターは匿名性が高く誰でも利用できるため、悪意のある男性と出会ってしまうリスクが高いでしょう。

②出会い系サイト

出会いを支援するサービスなのでパパ活に使えそうに見えますが、やはりSNSと同様に誰でも簡単に利用できて匿名性が高いです。出会い系を利用する目的の男性は「エッチしたい」「できればお金をかけずにエッチしたい」という単純な男性ばかりです。パパには出会えないでしょう。

③パパ活アプリ

最近、世間でも人気なのがパパ活アプリです。パパと女性をマッチングするアプリなのですが、実際に利用する男性はパパとは縁遠いような、サラリーマンがほとんどです。中には社長、医者、なども存在しますが、ほんの一握りというのが実情です。

女性は騙される可能性がありますので利用する際には気をつけたほうが良いでしょう。

④交際クラブ

人による「運営」があるのが最大の特徴です。入会の際には一定の審査があって、デートのセッティングをしたあとも会ってみてどうだったのかをフィードバックしているので、変な人や嘘をついている人が排除されやすい仕組みになっています。男性は女性の紹介料として、毎回数万円を払わなくては女性と会えません。

つまりお金を持っていないと利用できないわけです。そのため、お金持ちの男性が多く集まるサービスということが言えるでしょう。

パパ活は結局、安全を重視しないと失敗する

パパ活は、いいパパと出会えれば経済的にいい思いができますが、一歩間違えば、危ないトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

この記事では、パパ活で使われる各種サイトを見てきました。やはり、安全面で見てみると交際クラブが一番なのかと思われます。ただし、交際クラブにも「変なおじさん」「危ないおじさん」も存在します。

入会した際には交際クラブのサイト運営者と密に連絡を取って、そのような変な人を紹介しないように依頼をすることが大切です。これが今のところ、安全面で最強の方法と言えます。

タイトルとURLをコピーしました